49ページ目の記事一覧 ドゥークー伯爵はドロイド軍のトッ

49ページ目の記事一覧 ドゥークー伯爵はドロイド軍のトッ。『スター?ウォーズep3。スターウォーズ3にて、ドゥークー伯爵はアナキンにわざと負けたんですか (パルパティーンに言われて ) ドゥークー伯爵はドロイド軍のトップで共和国の敵みたいな感じだと思いますが、それはパルパティーンの議長(表の顔)としての役割を際立たせるための策略なのですか (パルパティーンが人質になったのもドゥークーとの策略 )分離主義勢力?独立星系連合のミニフィグ。スターウォーズ1から3。アニメ「クローンウォーズ」。「クローン大戦」で
常に敵役として戦い続けた面々です。主義勢力は。銀河共和国からの解体を
進めたいダースシディアスパルパティーンとダースティラナスドゥークー
伯爵がドゥークー伯爵。テクノユニオンを率いるワットタンバー。トレンチ
提督。グリーヴァス将軍。そしてドロイド軍を共和国最高表議長に上り詰める
一方で師匠を殺害し。さらには分離主義勢力を自ら作り上げ裏から操りつつ
クローン

49ページ目の記事一覧。ドゥークー伯爵はおよそ年にわたってフォースの道を学び。銀河系で最も強力
なジェダイ?マスターの人としてその名を馳せていた。だが。彼の最終的な忠誠
はジェダイ騎士団の構造化された規範ではなく。むしろ彼自身の直感や理想に
対して捧げの指揮官。グリーバス将軍とともに共和国首都星コルサントを奇襲
し。共和国元老院議長パルパティーンを誘拐した。それでもガンレイは通商
連合を分離主義勢力に荷担させ。クローン大戦の最初の戦いではドロイド軍を
共和国の

『スター?ウォーズep3 / シスの復讐』の冒頭にて、ダース?ティラナスドゥークー伯爵がアナキンに負けたのは実力によるものです。確かにティラナスは師のダース?シディアスパルパティーン議長から適度に手を抜いてわざと負けるように指示されていましたが、手を抜いたら自身の命がないという危機感から途中で本気になる様子が小説版にて描かれています。ティラナスは銀河共和国からの独立を目指す分離主義勢力の表向きの指導者でしたが、裏では黒幕としてシディアスが糸を引いていました。分離主義運動そのものもクローン戦争を勃発させる為にシディアスが仕組んだ茶番劇であり、議長誘拐事件もシディアスの立案による自作自演です。ちなみにダース?シディアス=パルパティーン議長という事実をあの時点で知っていたのはティラナスやマス?アミダ副議長などごく少数のみであり、他の分離主義評議会の面々やグリーヴァス将軍は一切 知りませんでした。ドゥークー伯爵はわざと負けた訳ではないと思います。ただし、パルパティーンはアナキンが勝てると思っていたと思います。負けるようであれば、弟子として必要ないと思っていたとも思います。すべてはパルパティーンが共和国の実権を握るための策略でしょう。ドゥークー伯爵を敵になったように見せかけ、銀河に戦いを起し、自分に権力を集中させ、共和国軍を設立し、銀河に散らばったジェダイを味方だと思っていたクローン兵で抹殺するという計画。もちろん、人質になったのもドゥークーとの策略。ドゥークーも殺されるとは思っていなかったようですが。

  • 最低だ俺って 女子オナニーてるって聞く必ずてないけど友達
  • 教えてくださいは失礼 下の問題わないので教えて欲い
  • ドライの仕方 ヘアトリートメントタオルドライ後つけてドラ
  • shiomuraayaka 塩村あやかさんってであん人気
  • latent 相棒のプレシーズンで登場た右京性格ちょっ違
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です